451 fav*words

"驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明したのだ!!

腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されないことが判明。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係しているのだ。腸の状態が良いと腸から「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に指令を送るので、人間は「腸で物事を判断している」ともいえるのだ。

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に伝達する仕組みが体内に備わっている。逆に腸が冷えた状態であると「幸せじゃねえ(笑)」となってセロトニンが分泌されなくなる。普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

また、同じものばかり食べることはセロトニン分泌を妨げることもわかった。食事が単調になってしまうと『体温調整』がスムーズに行えないため「同じもんばっか食っても幸せじゃねえよ(笑)」という状態になり、腸が脳にセロトニン分泌指令を出さないため、精神バランスが崩れ、ストレスから暴飲暴食やウツの原因となることも判明。

(略)

なお、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。

カレーは小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、スパイスを混ぜ合わせた『インドカレー』など本格的なカレーが効果的。『薬膳カレー』と呼ばれるカレーは身体に良いだけではなく精神面にも効く万能食だったのだ。もちろん、小麦粉がメインではないスパイスが豊富ならば市販カレーでもOK!!
"

- カレーを食べると、体内から幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出ることが判明!ストレスが減り精神安定するぞ : はちま起稿 (via utumblr)

(via galliano)

"100%- always 「常に」「必ず」
90%- almost always「ほぼ必ず」
80%- ususally, normally, generally 「普通は」「普段は」「たいていは」
70%- very often, frequently 「とてもよく」「頻繁に」
60%- often 「よく」
50%- sometimes 「ときどき」
40%- occasionally 「たまに」
20%- seldom, rarely 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
10%- almost never, hardly ever, scarecely ever 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
0%- never 「決して~しない」「全く~しない」「一度も~しない」"

- 頻度を示す16個の英語の副詞の使い方を完璧に身につける簡単訓練法 | わいわい英会話 (via rairaiken424)

(via galliano)

"人生は暇つぶしだと思ってから、急に自分が軽くなって、新しいことをどんどん始められるようになった。
 たかが人生、踊らにゃそんそん、である。"

- 諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない / 為末 大 (via ebook-q)

(via around50)

"モチベーションは車のバッテリーと一緒で何もしなくても減っていくので定期的に充電しないとならない、でも走ってる と自動で充電される"

- 引用β2008-12-20(via rosarosa-over100notes)(via tataraseitetsu) (via atm09td, okazu) (via quote-over100notes-jp) (via highspeedturbine) (via hisame) (via takeori) (via yue) (via around50)

"メインコンテンツを無料にするといえば宗教がまさにそれで神社は 入場料を取らない。賽銭は客の自由意志であり金額まで客が決められる、おみくじは軽いギャンブルであり気軽にできる。絵馬や土鈴は土産物、御札は霊的商品、ご祈祷はライブでありちゃんと価格が設定されている"

-

https://twitter.com/nanai_komusai/status/500143387664605184

前後もかなりよませる.

http://togetter.com/li/706770

(via bgnori)

(via galliano)

"人が持つ最大の能力は、会うべき人と出会う能力。"

- 深呼吸する言葉・きつかわゆきお (via kisato2) (via petapeta) (via device302) (via kyohei1989) (via usaginobike) (via rollinbox) (via shimanashi, kisato2clipnews) (via usaginobike) (via ak47) (via shortcutss) (via reretlet)

"

最近立て続けに楽しいなと思う事があって、何が楽しいんだろうなと考えていたら、楽しい人達といるから楽しいんだろうという至極当たり前の結論に至った。ではなぜ楽しい人は楽しいかというと、楽しそうにその人自身がしているからというのが大きい。

楽しさは外からもたらされるように見えて、実は自分の態度にも結構依存する。ゲームであれば楽しめる人が、4人集まって好きに楽しんでくださいと言われると戸惑ったりする。楽しさが設計された世界と、楽しさを自分から作りにいかないと楽しめない世界。

それはつまり自分の意志と自分の行動によって、ここの楽しさは変わり得るという感覚を持っているかどうかじゃないだろうか。楽しい人々は参加感がある。この場所が楽しくなるかどうかはある程度自分たちでコントロールできると考えているのではないか。

楽しめない人々は、待ちの人々が多い。楽しめないのは楽しませてくれないからだと考えていて、どこか楽しい場所を常に探している。退屈だ、どこかに面白い事は、人はいないかと、意識がいろいろ動く。実は自分の態度によって楽しめない事には意識がいかない。

楽しい人々は楽しい人々を好みがちでそういう固まりができやすい。楽しめない人々といると楽しめなさは伝染するから次第に敬遠されるようになる。そうして楽しめない人々の周りには楽しませる人々が減っていき、より楽しくなくなっていく。

【終わり】楽しさの半分は状況だけれど、半分は自分の態度。何でも態度次第で楽しめるわけではないけれど、楽しめない状況では全く楽しめないわけでもない。コントロールできるんだと知るだけで、結構楽しさは変わる。

"

- 為末大

絵が描けなくなっても色鉛筆を買いに行こう

"他者の期待を満たすように生きること、そして自分の人生を他人任せにすること。これは、自分に嘘をつき、周囲の人々に対しても嘘をつき続ける生き方なのです。"

- 嫌われる勇気 / 岸見 一郎 (via ebook-q)

(via galliano)

"自信があるやつは見ていて気持ちがいい。自信過剰なやつは見ていていて不愉快だ。"

-

働きマン/松方弘子のせりふ

(via uzu)